妊娠中のシミに美白化粧品でケアを継続

妊娠中のシミに美白化粧品でケアを継続

妊娠中のシミに美白化粧品でケアを継続

妊娠中,シミ,化粧品,ホルモン,そばかす,美白

妊娠中は、急にシミの色が濃くなったり、増えたりする現象が見られます。

 

それはホルモンのバランスが変化することが原因で起きており、その時にできるシミは女性特有の肝斑と呼ばれるシミです。

 

妊娠中にできたシミは、ちゃんとお手入れをしておかないと、産後も消えずにそのまま残ってしまうこともあります。

 

それに、妊娠期間中は女性ホルモンの影響で肌も普段より敏感になります。

 

そのため、肌荒れを起こしやすくなり、それまで使っていた一般化粧品が刺激が強いということで使えなくなることもあります。

 

でも、「シミを作らない、濃くしない」ためのケアを続けなければいけませんから、美白成分配合の化粧品を使わないのはあり得ません。

 

妊娠中,シミ,化粧品,ホルモン,そばかす,美白

美白化粧品を選択する時には、

○シミを予防する成分
○シミを薄くする成分
○妊娠中の敏感肌に使える

といった、予防、ケア、肌に優しい、この3つを兼ね備えた化粧品を選びましょう。

 

妊娠中は、シミができやすくなるだけでなく、紫外線を浴びた時のダメージも受けやすくなります。

 

しっかりとした美白化粧品を選択して、毎日お手入れを継続していきましょう。


妊婦さんのシミ対策に、美白ケアを徹底

妊娠中には、お母さんのホルモンバランスは崩れがちで不安定。

 

妊娠中,シミ,化粧品,ホルモン,そばかす,美白

それは妊娠〜出産〜産後とバランスの崩れは続くので、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)も崩れてきます。

 

そうなると、これまで無かったところにシミが現れ、また、広がるなどの影響が出てきます。

 

せっかく赤ちゃんとの幸せな生活が待っているのですから、お母さんもキレイなままでいたいと思います。

 

それを実現するには、紫外線対策と美白ケアを徹底することが必要です。

 

でも、赤ちゃんが生まれたあとは、なかなか自由な時間はとれなくなります。

 

なので、妊娠中のまだゆっくりできる時間を使って、赤ちゃんにもお母さんにも安全なケア商品を選んでおきましょう。

 

そうすることで、あとで余裕のある子育てに役に立ちます。

 

妊婦さんのホルモンバランスの崩れによってできやすいのが「肝斑」というシミ。

 

女性ホルモンの崩れによってできるため女性特有のシミであり、そしてこの時期の妊婦さんの半数以上が経験します。

 

この肝斑を抑えるためには、ホルモンバランスを元に戻すのが一番いい方法なのですが、妊娠中はコントロールできませんから、できる方法も限られます。

 

妊娠中,シミ,化粧品,ホルモン,そばかす,美白

妊娠中に安全にできる方法は、ビタミンCを摂ってターンオーバーを内側から促すこと。

 

ただ、サプリメントは妊娠中には避けたいので、食材でたっぷりと摂る必要があります。

 

ビタミンCをたくさん含む食材は、フルーツ類、小松菜、ほうれん草、ブロッコリーなどの野菜類。

 

これらは、熱を加えると栄養素が壊れるため、できるだけ生で食べる方法を工夫しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ